img_01

NICで鍛えた英語能力が評判になっています


年を追うごとに日本は英語教育に力を入れていると評判です。
いつかは忘れましたが、確か小学五年生から
本格的に英語の授業を取り入れる方策が決まったとニュースで見ました。
筆者は中学一年でアルファベットを習っていましたので、
かなりの前倒しの教育だと言えます。
また、センター試験でもヒアリングを導入するなど、
読む以外の能力を鍛えることも行っています。
listening


日本の英語教育の実情

逆に言えば、今の30代はあまり英語教育を受けていないことを意味します。
良くても英語を読める程度でしょうか。
聞く・話す・書く、といったことは出来ないかもしれません。
何の参考文献も見ずにいきなり「英語で企画書を書いて」と言われても、
かなり困ると思います。
そして、部署によっては海外と交流する機会があります。
30代・40代になってから英語の再勉強をする方は少なくないと思います。
planning


NICで行う評判の英語教育

NICの英語教育はなかなか評判です。
日本の高校の教育は「読む」ことに力を入れているかもしれませんが、
NICは「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つを万遍なく鍛えます。
そしてどれも大学で通用するまで実力を引き上げると評判です。
ビジネス英語とはちょっと違いますが、
NIC生は非常にアカデミックな英語を話せると評判になっています。



「書く」能力が何よりも評判です

特に評判なのはこの「書く」能力でしょうか。
筆者もかなり苦戦しました。
筆者はNICではなく普通の日本の大学の卒業生ですが、
卒論の摘要(内容を簡単にまとめたもの)は全て英語で書かないといけません。
専門用語を調べるのも苦労しましたが、なにより文法に大苦戦しました。
普段から英語に慣れていないと、何が正しく何が間違いか全く分からないのです。
そして留学する場合、提出するレポートはすべて英語です。
きちんと読める英文法でないと、教授は評価どころか見てもくれません。
NICで書く能力を鍛えれば、どんなにレポートが出されても怖くありません。



最後に

評判高いNICに通って「読む」「聞く」
「話す」「書く」能力を鍛えてください。